梅毒検査と感染症状

梅毒に感染したかも…?
不安になったら匿名で
自宅で梅毒検査!



性病症状-梅毒と検査


【梅毒症状】

梅毒は感染から3週間ほどで、体にしこりや潰瘍があらわれます。

ニキビのような感じです。

あらわれる場所は、

・性器

・口の周り

・手

・肛門

など、いろいろな部位です。

痛みはありません。

3週間ほどで、この症状が消えます。

梅毒は、この第1期に治療すれば怖いことはありません。

ただ、治ったわけではありませんので放置しておくと梅毒は進みます。

次の段階になると、バラ疹と呼ばれる赤い発疹が全身にできてきます。

血液に乗って梅毒菌が体内を駆け巡るので症状は徐々に現れては消え…を繰り返します。

梅毒は、そのまま放置し続ければ痴呆になったり死亡したりしますが、日本のような先進国では気付いた時点で治療をすれば完治する病気です。

思い当たる症状があって心配な場合、下記の匿名検査キットをお使いください。

男性用検査キット
STD-6


女性用性病検査キット
STD-6


梅毒は、誰にも知られることなく、しっかりした検査が受けられます。

▼まとめて検査したい▼


お問い合わせ
ヨ2009 Copyright
性病症状-梅毒と検査
all right reserved